設備・施設情報

設備
previous arrow
next arrow
Slider

時代のニーズ「少量多品種」、そして「迅速さ」。当社は時代の流れに柔軟に対応してきて、ネットワークやAI含む先端的なIT化、高度な技術の取り込みを積極的に行なってきました。一貫生産にこだわり、クライアントとともに成長する。そのような気持ちで、業界の先端に立つ気持ちで投資を行なっています。

設備のご紹介

生地関連

区分 機械・設備 能力 台数
自動裁断機(CAM) PCAM160 1台
PCAM161 画像認識、複層裁断 1台
延反機 GT RC-4 2,000mm幅 1台
ミシン ミシン 10台
皮漉機 ニッピー N-2 1台

木工関連

区分 機械・設備 能力 台数
NC機械 HEIAN NNC-442p 2軸NCルーター 1台
ボール盤 2台
昇降盤 3台
パネルソー 2台

綿・ウレタン・フェザー関連

区分 機械・設備 能力 台数
ウレタン裁断機 5.780 2台
吹き込み機 オリジナル吹き込み機 AI制御のフェザー・ウレタン・綿自動吹き込み機 1台
ミシン ミシン 3台
工程のご紹介

ソファやベッドなど生地・クッションを用いた製品を一貫して製造する当社の工程は、ウレタンや棉加工・木枠加工・生地加工が主で、それらを組み立て・検品・梱包・出荷が後の工程としてあります。以下を簡単にご説明いたします。

ウレタン、棉、フェザーの加工

クッションやウレタンなどを加工する工程では、専用の吹き込み機を導入して吹き込みを行なっています。これは、ものづくり補助金で採択され導入することになった機械で、人工知能を用いて内容量を正確にコントロールすることを自動で行なっています。

吹き込みき

木枠加工

木枠は主に合板をNC機械・パネルソーや昇降盤を用いて切断し、貼り合わせて組み立てることを行なっています。2軸のNC機械(ルーター)を導入して、木枠の量産を行なっています。

previous arrow
next arrow
Slider

生地加工

生地は300種、1,000本以上の原反在庫を抱えて、必要に応じて加工を積層式自動裁断機(CAM)にて裁断を行なっています。CAMはプロジェクタで絵柄を生地に投影して、カメラで生地を無駄なく、そして素早く裁断する機械を使用しています。裁断された生地は社内のミシン部門にて縫製を行い、ソファやベッドのカバーとなります。

積層式自動裁断機

組み立て

数多くの職人が単品から量産品(ファブリック・革)まで自社内で組み立てを行います。

組み立て

完成・検品・梱包・出荷

完成した製品は検品を行い、梱包を行い出荷を行います。

梱包

工場

府中市と近隣の福山市に3工場と1倉庫にて操業を行なっています。生地や木枠などの部材製造や組み立てを工場それぞれ行なっています。

本社工場

本社工場

中須工場

中須工場

新市工場

中須工場

栗柄倉庫

nakasufactory